大人の渋谷~風俗体験記~は渋谷にある風俗を実際に利用した方の体験談を掲載しています。

地方のランカーがこちらでは普通

渋谷をかつては「ビットバレー」と呼んでいたことがあります。渋谷という字をばらすと、渋いがビターで谷がバレーだからなんですけど、これは実は異論があってITベンチャーの会社が多く建てられた時代があってそこから来たというのが異論ではなくて今では定説となっているようです。渋いビターのほうが考えやすいんですけどね。もっともそれもITバブルが弾けた頃からは言われなくなったので今ではそんなときもあったなという程度のことだと思います。風俗のほうに目を向けてみると風俗嬢の質というのは、地方よりも都会のほうが上なのは間違いないようです。地方のサラリーマンが東京出張を心待ちにするのは都会の風俗に行ってみたいという人が多いからと言うアンケート結果もあるくらいですからね。でもそれは確かにそうで、女の子の質という面ではやはり人が集まる渋谷や新宿、池袋に勝るものはないようです。地方のキャバクラのエース級がこちらのお店では普通どころの女の子の扱いとなるのも珍しくないのです。

風俗街のきらびやかなネオン

地方に住んでいる人の渋谷の印象はやはりスクランブル交差点で間違いないようです。と言うのもテレビで映し出される東京の光景の多くが今でもこのスクランブル交差点なんです。猛暑日を知らせる東京の風景の定番はスクランブル交差点ですが、もっとも夜の街もこの交差点から始まるので、そう考えたら風俗の街の象徴ともいえるかもしれません。夜になって見渡せば、あたり一面がキャバクラやヘルスといった怪しいネオンに彩られる大人の街になるということです。さらにはソープランドやピンサロといったネオンも加わって夜の街は昼間とは違った顔を私たちに見せてくれます。渋谷の風俗街は歌舞伎町と比べると規模の店では劣ると思いますが、どちらかというと渋谷は若者の街というイメージそのままに夜の街も成り立っているように思います。料金も良心的というか、悪くいえば激安店といったお店が多いのです。これはあきらかに若者とターゲットにしていることがわかります。

女の子がいるところに男が集まる

渋谷や新宿、池袋といった副都心と呼ばれているところは、ファッションや情報の発信地としての自己表現の場であって、人が住む場所ではないという意見があります。地方の人から見れば憧れることの多い都会生活ですけどね。また渋谷の風俗ですが、それを楽しみに日本全国から集まっているといってもいいでしょう。それて歌舞伎町であったり、池袋であったり、ここ渋谷であったりと選ぶ理由は人それぞれですが、若い人が選ぶのは今までのイメージそのままにここが一番なんだそうです。人が集まるから人が人を呼んで更に栄えるというのがこの街が発展してきた理由であると思います。これは女性がいるところに男性が集まることとイコールといえるでしょうね。また、この地区は道玄坂あたりに風俗店が軒を連ねています。歌舞伎町ほどではないですけどきらびやかなネオンはやはり男性にとっては血湧き肉躍るような欲情をかきたてるものがありますね。料金設定もいわゆる東京価格ではなくて安いというイメージがあります。
渋谷デリヘル情報【駅ちか】